コンテンツにスキップする
:::

公司田渓程氏古民家

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター
公司田渓程氏古民家公司田渓程氏古民家

清朝の乾隆年間、程耀事は普江県より台湾に移住し、淡水程氏の繁栄を築く始祖となりました。古民家が建設された年代はもはや追跡することはできませんが、学者や専門家の研究では1884年の清仏戦争の前に建設されたものであったとされています。清仏戦争の滬尾(こび)の役の際、清朝軍はここに兵を駐留させてフランス軍を包囲し、勝利しました。この古民家は典型的な三合院の農家です。周囲は葦や竹に囲まれ、溝には水が流れる現地の伝統的な農家のモデルと言えます。5つの部屋からなる「火庫起双護龍式」と呼ばれる建築であり、屋根の最も上部の棟(屋脊)には金型馬背(台湾の伝統建築の防火壁の様式)が採用され、壁は地盛産の安山岩を配合した土レンガ造り、明間(直接外部に通じる部屋)の守備用鉄砲狭間(当時の盗賊に対抗するために用いられた)、さらに外側の山壁を瓦で保護(土レンガが雨水により湿ってしまうのを保護するため)しています。淡水地区の同種の建物の中でも珍しく、十分に古建築の美と先人の知恵を表現しています。

入場料:無料 

オープン時間:

火曜日から日曜日まで:11:00~17:00

**休館時間:毎週の月曜日、毎月第一火曜日、旧暦大晦日前の一日から正月初三まで、および博物館が別に公告する時間

地図

TOP