コンテンツにスキップする
:::

淡水紅毛城

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター
淡水紅毛城淡水紅毛城

紅毛城は1628年にスペイン人によって、淡水河口近くの山岡上に建てられた「サンドミンゴ城」である。1642年にオランダ人が南台湾から北上、スペイン人が駆逐され、スペイン人城の近くにもう一つの「アントウニ城」が再建された。その当時淡水の住民がオランダ人を紅毛と呼んで、それに因んで、この砦を「紅毛城」と名づけられた。紅毛城の形が四角の二階建てで、基礎が深く壁も厚く、「外石内磚」の工法によって防御能力を強める。

清朝英国領事官邸清朝英国領事官邸

英仏連軍戦争の後、淡水が開港通商し、イギリスが清朝から紅毛城を借り入れて領事館の利用に当て、そして東側に領事官邸を増築した。そのビクトリア風の建物には赤レンガ、回廊、斜め屋根の外観を持ち、繊細かつ暖かい雰囲気が漂って、「紅毛城」の本来の軍事的な固いイメージを緩和させ、二つ違った建築がお互いに芝生の広場を挟んで、その美しさを完璧に調和させてくれた。

住所:新北市淡水区中正路28巷1号 

地図

電話:886-2-2623-1001 

入場料:チケット一枚80元で、紅毛城、リトルホワイトハウス、滬尾砲台三つのスポットが自由に入場できます。 

オープン時間:

屋内:

月曜日~金曜日09:30~17:00

土曜日~日曜日09:30~18:00

 

**休館時間:毎月第一月曜日、旧暦大晦日、旧暦元旦および博物館が別に公告する時間 

TOP