コンテンツにスキップする
:::

滬尾砲台

フォントサイズ:
グレード細字
単語レベル
レベルのキャラクター
滬尾砲台滬尾砲台

清とフランス軍の戦争(清仏戦争)(1884-1885年)の後、清朝は台湾の海防建設を強化するため、澎湖、基隆、淡水、安平、および旗後の5つの海の近い河口に10つの新式砲台を新たに建設し始めた。その淡水にある「北門鎖鑰」(既存の滬尾砲台)はその中の1つである。

 

1886年に台湾巡撫の劉銘伝氏がドイツ人の技師を雇って建設されたこの砲台は1889年に完成された。入り口の上に彫られたの文字「北門鎖鑰」は劉銘伝氏が自ら題したものである。滬尾砲台が実際に参戦していないため、全体的な建築部分はほぼ当時の様子を保っている。

住所:新北市淡水区中正路一段6巷34号

地図

電話:886-2-2629-5390 

入場料:チケット一枚80元で、紅毛城、リトルホワイトハウス、滬尾砲台三つのスポットが自由に入場できます。 

オープン時間:

月曜日~金曜日09:30~17:00

土曜日~日曜日09:30~18:00

**休館時間:毎月第一月曜日、旧暦大晦日、旧暦元旦および博物館が別に公告する時間 

TOP